ナノインパクトの良い点、悪い点

現在、私はナノインパクトプラスに乗り換えていますが、以前にナノインパクトテラを使用していた頃に感じていた良いなと思ったところと、悪いと思ったところをまとめてみました。

使ってみて良かった点

ずばり、生えたこと!!
とはいってもフサフサにというわけではありませんが、これが使ってみて一番良かったなと思ったことです。頭髪に効果を感じられたということが何よりも代えがたいものですし、使い続ける理由にもなります。

自分は自己紹介にも書いている通り生え際の後退が進んでいるタイプです。いわゆるM字ハゲというやつでしょうか。それがどういうふうに変化してきたかというと…

育毛に対する効果は?

まず、3ヶ月くらいから目に見えて抜け毛が減ってきました。朝起きて枕元を見ても細かい毛から長い毛までさまざま目立つ感じで抜け毛があったのですが、それが少なくなってきました。

また、7~8ヶ月くらいだと思ったんですが、現在の勢いほどではないにしろ、細い産毛が徐々に出てくるようになりました。この時の写真、とっておけばと後悔(泣)。それからは寝起きに鏡を見て具合を確認するのが日課になって来ました。

使用感・匂いなど

私が良いと思ったのは効果だけでなく、使う時も頭皮に染み込むときの爽快感が素晴らしかったことでしょうか。塗った瞬間、トニックの爽やかさがヒンヤリと頭皮全体に広がったかと思うと、じんわり温かみもなに感じたりして、これが浸透しているのかななあ……、と思ったものです。特に朝の起き抜けに塗ると、目がシャキッ!として、別の意味で重宝しました(笑)。
爽快感があるタイプは好みが別れますが、私の場合は特に気がつくようなことはありませんでした。匂いもよくあるアルコール臭はなく、メントール系の匂いです。とはいってもきつくはなく、いかにもつけていますといった匂いは漂わないと思います。

悪かった点

ローションとパウダーを混ぜ合わせるのが面倒くさい!!
育毛剤ユーザーって、その効果を出すまでにどうしても時間が掛かることから実は根気強い性格の人が多いと思います。だから、用法通りにもちろん混ぜますよ、指示されたとおりに。ただ、ストレスは当然溜まるわけで、なぜ、届くなりユーザーが混ぜ合わせなくちゃならないんだ、とどうしても思ってしまった。

それに、なんとなく、実験のイメージというか、薬を使っているんだなあ……、と思ってしまって、ちょっと憂鬱になってしまうんですよね。塗ってしまえば、前述の爽快感がサッと広がってすぐに良い感じになるのに、ちょっと勿体ないなあ、とよく思っていたものでした。 まあ、結果的には、私がナノインパクトプラスに乗り換えた最大の理由は実はこの点です。やっぱり、毎日使う育毛剤なんだから、簡単・シンプルが嬉しいです。

初めて使用する前にはこのように液体とパウダーを混ぜる必要があり少々面倒くさいです。
やや色がついていますが基本は透明な液体です。ツンとした匂いはなく扱いやすい方です。