ナノインパクトとは何か?

ナノインパクトという名前こそ、育毛剤の中では名前の通った存在になっていますが、現在に至るまでいくつかの細かな名前の変更が施されています。一番最初は2006年に「ナノインパクト」として発売されました。その後2007年に2代目となる「薬用ナノインパクト男性用・女性用」としてリニューアル。これはその名前の通り男女別に成分を変えてそれぞれ発売されています。

少し時がたって2009年に「ナノインパクトテラ2.0」としてもう一度リニューアル。サントリーウェルネスが発売元として加わり、ここから育毛剤としての認知度が一挙に向上しました。私自身も「ナノインパクトテラ2.0」で初めて名前を知ったくらいですし、みなさんも「ナノインパクト」といえばこの商品をイメージされるのではないでしょうか?

ナノインパクトのコアであるPLGAナノ粒子

ナノインパクトの魅力を語る上で最も外せないキーワードが「浸透力」という言葉です。

「頭皮ケアでなにより大切なのは成分!!」という風潮が蔓延していた頃、いち早く毛根まで成分を「届ける」ことに着目し、そのための「浸透力」を極限まで高めた育毛剤、それが、ナノインパクトの最大の特徴なんだと思います。

この浸透力を実現するためにナノインパクトには独自のナノテクノロジーを使って生み出されたPLGAナノ粒子というカプセルみたいなものが含まれています。

ただこのカプセル自体が有効成分というわけではないようです。あくまで成分を毛根までしっかり届けるという役割で、ナノインパクトテラであればこの1粒の中に36種類の有効成分が凝縮されています。毛根に届いた時点でカプセルがゆっくりと溶け出し、成分が毛根に直接届けられるというわけです。

私がナノインパクトを選んだ理由は、この浸透力というコンセプトとPLGAナノ粒子という根拠があるメカニズムに惹かれたからです。

ナノインパクトの効果~データ編

でも実際に気になるのは「それでいったいどんな効果があるの?」ということ。

その点で見ればナノインパクトは発毛よりも育毛に特化していることでした。発毛が0から1を生み出すものだとすれば、育毛は、1を2に……、つまり、細い産毛を太くて逞しい毛にしてくれる力です。

具体的になにか効果を示しているデータはないものか。。そう思ってネット上で探してみたところ、ナノインパクトには、PLGAナノ粒子の開発元であるホソカワミクロンが学会で発表した育毛効果検証試験データがありました。
また、大正製薬から発売されている人気の育毛剤、リアップX5にも臨床試験のデータがありました。それぞれ使用を始めてからの12週後(約3ヶ月)の数値を抜粋してみましたので、その効果の程が比べられると思います。特に育毛と発毛の2つの評価軸を持つことで、より、わかりやすく効果を実感できると思います。

参考資料

ナノインパクト 日本皮膚科学会中部支部学術大会 製剤機械技術学会誌Vol20
リアップX5 メーカープレスリリースの承認申請時の臨床試験データ

育毛評価

ここでは、非軟毛数の変化を比較しています。わかりやすく言えば、すでにある細い産毛がいかに増加するか、つまり育毛です。1cm2あたりの毛髪密度を、0週目、つまり、育毛剤を使用していない状況と比べています。

ナノインパクト 12週で31本増加
リアップX5 12週で24本増加

非軟毛数の増加についてはナノインパクトのほうが多く本数が増加していますね。

発毛評価

ここでは、0週の時点で全く生えていなかったものが新しく生えてきた本数を比較しています。育毛評価と同じく、1cm2あたりの毛髪数です。

ナノインパクト 12週で13本増加
リアップX5 12週で24本増加

発毛効果についてはリアップX5のほうが多く増加しています。

以上のデータを見れば、ナノインパクトがリアップと比較しても、育毛作用では上回っていることがわかります。ただ……、発毛効果だけをみるとリアップのほうが上回っていることが実証されていますね。

自分で実感した効果

次に、私自身がナノインパクトテラを使って感じた効果です。とはいっても、1年半くらい前から使い始めていて、若干記憶がうろ覚えのところもあるのでご容赦を。。。

使って1~2ヶ月目 特に変化なし
3ヶ月~6ヶ月目ごろ 寝起きの抜け毛が少なくなってきた。
頭皮の状況は変わらず
7ヶ月目~ 細くて短いが産毛が生えてきた
1年目以降 産毛がパッと見てもわかるように。鏡に行くのが楽しみになってきたが、それ以降はそれほど変化なし。
1年と4ヶ月目くらい 現状のボトルが少なくなったことにあわせて
ナノインパクトプラスに乗り換える

私の効果実感に対するチェックポイントは「抜け毛が減った」ということと、「毎朝鏡を見て生え際をチェックして産毛を確認」ということです。時間はかかったものの、抜け毛が減る、また細いが産毛が生えるという2つの点で目に見える効果を感じることができました。ただ、やっぱり毛がフサフサになったというわけでないのでそこまで持って行くにはもう少し時間がかかりそうですね、。

データででている効果と自分自身で感じた効果を付きあわせてみると、ナノインパクトは、全くゼロからの発毛ではなく、今ある髪の毛を強くする育毛に向いているような気がします。もし他の方にすすめるなら今ある髪の毛をもっと強く、太くしたいという用途に使ってみるのが良いのかもしれません。

成分のナノ化とは? ナノインパクトの開発経緯ナノインパクトを使った感想